新型コロナ北海道の検査拒否率98%で潜在感染者数が多い?37.5度4日発熱でも拒否する理由は?

北海道赤レンガ庁舎リニューアル ニュース

新型コロナウイルスの感染拡大や
緊急事態宣言を受け、首都圏や関西から道内を訪れる
コロナ疎開が報じられています。

北海道は2月28日に緊急事態宣言を発表。
「爆発的な感染拡大と医療崩壊は回避された」と
3月19日に終了しました。

鈴木直道|妻・子供は?母子家庭で夜学に!鼻が曲がっている理由とは?愛犬「まめ」の画像も!

このような北海道の試みは新型コロナウイルスの政府専門家会議からも
「一定の効果があった」と評価され、
北海道民の間には「北海道はコロナが落ち着いた」という声も。

洗える布マスク|日本製・人気おすすめ通販6選!

しかし、実際には検査についての問い合わせのほとんどを断り
検査拒否率が98%となる日もあるようで、
潜在的な感染者が多いと想像できます。

今回は、北海道での検査拒否の声などをまとめていきます。

スポンサーリンク

新型コロナ|北海道の検査拒否率98%で潜在感染者数が多い?

札幌市保健所の新型コロナウイルスの相談窓口には、
1日700件以上の問い合わせが殺到し続けているといいます。

道内で4日現在、新型コロナウイルスの感染が確認された191人のうち4割以上の85人を占める札幌市。市内での1日当たりの確認数は3月下旬以降、0~3人に収まっているが、市保健所の電話窓口には1日700件超の相談が寄せられている。
(引用:北海道新聞

厚労省の発表によると
帰国者・接触者相談センターからPCR検査を受けられるのは
北海道では、約1.8%
※期間2月1日-3月28日
帰国者・接触者相談センター相談件数:18,494件
PCR検査実施数:348件 参照

北海道では98%がPCR検査拒否されているということになります。

スポンサーリンク

PCR検査できる条件は?

新型コロナウイルス感染が疑われる場合は、
保健所や帰国者・接触者相談センターに問い合わせ
PCR検査するかどうか判断されます。

その時の質問は次の通りです

  • 新型コロナウイルス感染者と濃厚接触があったか
  • 海外渡航歴はあるか
  • 4日以上37.5度以上の発熱があり呼吸器症状があるか
  • 糖尿病、高血圧等の持病はあるか?

37.5度4日続いても検査してくれない?

しかしSNSでの投稿を見てみると
37.5度以上の発熱が4日続いて苦しんでいても
海外渡航歴や新型コロナウイルス感染者との濃厚接触がなければ
PCR検査は受けられないと断られたというものがあります。

スポンサーリンク

コロナで北海道に疎開は危険?

北海道の鈴木直道知事は、
緊急事態宣言を受けコロナ疎開に警戒感を高め
緊急事態宣言の対象地域からの訪問者に対して
2週間は不要不急の外出を控えるように呼びかけています。

しかし、北海道では検査数が抑えられているとされ、
感染者数は過小評価されているかもしれません。

コロナは落ち着いている地域であると警戒を緩めたら
疎開のつもりが感染して帰るという危険もあります。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス|検査拒否する理由は?

高熱が続いてもPCR検査が受けられない背景には、
医療崩壊への危機があるようです。

実際に感染症指定医療機関である
札幌市の市立病院は、医療崩壊の危機に直面していたといいます。

感染者用の病床がすべて埋まり、
新たな感染者を受け入れられず、

また、本来は交通事故などの重篤な緊急患者を
治療するための「救命救急センター」を
新型コロナウイルスの重症者に対応したため、
救急患者の受け入れを断念していたといいます。

このような医療崩壊の危機感については
市民も理解をしめすことと思われます。
ただ心配なのは、
感染者数の減少=北海道コロナ落ち着いたと捉え
気が緩んでしまうことと思われます。

スポンサーリンク

おわりに

以上、新型コロナ北海道の検査拒否率98%で潜在感染者数が多い?拒否する理由は?についてまとめました。

ニュース
スポンサーリンク
daily navigation
タイトルとURLをコピーしました