新型コロナウイルス|免疫獲得ができない理由とは?

ニュース

中国による発表内容

新型コロナウイルスは免疫つかないということは1月31日に中国国家衛生健康委員会の記者会見で、医師が「感染後にできる抗体には長期間持続しないものもある。一度感染し治癒した患者にも再感染のリスクがある」と公式に警戒を呼びかけています(yahoo!ニュース)。

新型コロナウイルスは抗体ができない?

中国の医師が発表しているように、新型コロナウイルスは感染しても抗体ができず、免疫を獲得することができないのでしょうか?

BuzzFeed Japan が行った医師によるファクトチェックによれば、やはり新型コロナウイルスは免疫を獲得し難いということです。

しかしこれが「何度も感染する=ヒトの免疫を不全にする=HIV」「飛沫感染するエイズウイルス」ということにはならないといいます。

医師によれば、感染やワクチンなどによって免疫記憶をつくる免疫は一度罹患すると原則としてはかりにくくなるなりますが、何度も感染することは特別ではなく、ヒトの免疫不全とは無関係とのことです。

さらにコロナウイルスは免疫細胞をターゲットにしておらず、免疫細胞をターゲットにしているHIVとはその点においても異なると指摘しています。

新型コロナウイルスは抗体ができない理由

ウイルスに感染すると、体内では「抗体」と、侵入した病原体を記憶し次回侵入した場合に攻撃する機能をもつ「免疫記憶」が作られます。

麻疹や風疹、水疱瘡などは免疫記憶が作られたため、一度感染すると二度と感染しないことが多いと言われています。

しかしウイルスには免疫記憶が形成されづらいものがあり、それが、インフルエンザやHIVということです。

インフルエンザの場合は、ウイルスの進化が早く頻繁に変異し、型も多いため昨年インフルエンザに罹ったのに、また今年も罹るということが生じるようです。

インフルエンザの他、ノロウイルスも同様の理由で何度も罹ることがあります。

新型コロナウイルスについては、実際に免疫記憶ができにくいということが生じた可能性があり、また現時点不明点が多いウイルスのため、中国当局は再感染の懸念を発表したようです。

(参考)yahoo!ニュース

集団免疫は獲得できる?

十分な人がウイルスに感染し軽く発症し免疫をつけることで、
ウイルスは新たな宿主を見つけ出すことが難しくなり、感染爆発を回避することができるとされる集団免疫。

しかし、集団免疫が根付くためには、
感染した人が新型コロナウイルスへ耐性を持つ必要があります。

コロナウイルスへの免疫は長く続かない?

4種のコロナウイルスが引き起こしている一般的な風邪の症状。
風邪は一生に一回ではなく、何度もひくことが多いですが、それはコロナウイルスに対する人間の免疫は長く続かないからです。

新型コロナウイルスも既存のコロナウイルスと類似しているなら、集団免疫を維持し続けるのは難しくなるようです。

ゴーント氏によれば、今回の新型の他に、一般的なかぜ症状を引き起こす4種類のコロナウイルスが、すでに人類全体に広まっている。それでも毎年流行し続けるのは、これらのコロナウイルスに対する私たちの免疫が長く続かないからだ。もしも新型コロナウイルスがこれらに類似しているとすれば、集団免疫が維持されるには、人々がワクチン接種や感染を何度も繰り返さなければならない。
引用

新型コロナウイルスはすぐに再感染する?

回復後に新型コロナウイルスが再び陽性になると報じられていますが、
再感染というより、「ウイルス排出が長期間続いており、排出量がその時々によって増減していた」という説明のほうが妥当性が高く、

また新型コロナウイルスはすぐに再感染する可能性は低いと専門家は言います。

回復してもすぐに再感染する可能性は、今のところ「ありえないと考えていい」とアバーテ氏も言う。もしもそこまで早く再感染することがありうるなら、世界の一部地域で急速に感染者数が減少している現状を説明できない。それに、これまでに知られているどんなウイルスにおいても、そんなことは起こっていないと、同氏は話す。
引用

スポンサーリンク

まとめ

新型コロナウイルスは免疫ができないのかについて調べてきました。
まとめますと…

  • 新型コロナウイルスは免疫ができづらい
  • 免疫ができない=免疫不全=HIVではない
  • インフルエンザやノロウイルスも何度も罹る
  • 理由はウイルスの変容や進化のスピードが早く、型も多いため
  • 新型コロナウイルスについても同様と考えられる

以上新型コロナウイルス|免疫獲得ができない理由とは?集団免疫戦略はどうなる?についてまとめました。

ニュース
スポンサーリンク
daily navigation
タイトルとURLをコピーしました