須藤蓮|超エリートな生い立ちが凄い!名門高校から慶應大学へ進学

須藤蓮の生い立ち学歴は?超名門高校から慶應大学へ進学 養老孟司とのエピソードも! イケメン俳優

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』や連続テレビ小説『なつぞら』等に出演し、NHK京都発地域ドラマ 『ワンダーウォール』では主演も務めた須藤蓮さん。

須藤蓮さんのご実家は裕福で、中学高校は武蔵高校、現在は慶應義塾大学に在学中です。今回は須藤蓮さんの超エリートな生い立ちから現在までまとめます。

スポンサーリンク

須藤蓮|プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

須藤蓮(@rensudo__7)がシェアした投稿

生年月日 1996年7月22日
年齢 (24歳)
出身地 東京都
身長 182 cm
体重 55kg
デビュー 2017年 –
事務所 スターダストプロモーション
出身中学・高校  武蔵高等学校中学校
出身大学 慶應義塾大学法学部法律学科

須藤蓮|超エリートな生い立ちが凄い!

須藤蓮さんは、現在24歳。

父親の職業等は明かされていませんが、ご実家は裕福な家庭で育ち、
幼少期は自然豊かな父方の祖父の実家でのびのび過ごしていたようです。

動物や虫が好きで、小学校4年生の時には、養老孟司の生き物教室参加するほど。
小学校の卒業アルバムでは研究者の夢を語っています。

「南極をボーリング調査して、マンモスの遺伝子を見つけて、遺伝子からDNAを取り出して、DNAからマンモスを再現する研究をしたい」
(引用:ワンダーウォール公開間近!須藤蓮さんインタビュー!)

スポンサーリンク

須藤蓮|中学・高校は武蔵高等学校中学校

須藤蓮さんの出身中学高校は、武蔵高等学校中学校です。

武蔵中高(武蔵中学校・高等学校。中高一貫教育)という学校の自由な校風が好きで。
(引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/kimatafuyu/20180910-00096170/)

武蔵高等学校中学校は、開成、麻布と共に男子御三家とと呼ばれ、東大等の難関校への合格実績を誇る伝統校です。

武蔵高等学校中学校は、中高一貫校であり、高校からの入学は受け付けていません。偏差値は64です(2020年度四谷大塚)。

宮沢喜一元総理大臣など、数多くの著名人を輩出しています。

スポンサーリンク

須藤蓮|大学は慶應義塾大学法学部法律学科

須藤蓮さんの出身大学は、慶應義塾大学法学部法律学科です。

高校時代は自由な校風の学校に通い、慶應義塾大学法学部に進学。
(引用:https://qjweb.jp/feature/25499/2/)

司法試験を受け法曹界を目指し法学部に入学したということです。

スポンサーリンク

須藤蓮|デビューのきっかけ

須藤蓮さんのデビューのきっかけは、カメラマンのモデルになる機会にあったとインタビューで答えています。そのカメラマンと自主映画を撮影し俳優を目指し事務所に所属したとのことです。

2016年20歳の頃にはメンズノンノモデルオーディションのファイナリストに残り、2017年に現在の事務所であるスターダストプロモーションに所属しました。

2018年にはNHK京都発地域ドラマ「ワンダーウォール」ではオーディションで1500人の中から主演を射止めました。

2021年には映画『blue rondoブルーロンド』で脚本・監督を担当。

スポンサーリンク

おわりに

以上、須藤蓮さんの超エリートな生い立ち・学歴についてまとめました。

イケメン俳優
スポンサーリンク
daily navigation
タイトルとURLをコピーしました