【ご相伴にあずかる】の意味・使い方・読み方・茶道では?ご相伴ください・ご相伴させて頂くは間違い?類語・例文も!

【ご相伴にあずかる】の意味・使い方・読み方・茶道では?ご相伴ください・ご相伴させて頂くは間違い?類語・例文も! ニュース

「ご相伴にあずかる」。

会社などの飲み会で上司にお酒を注がれるシーンで、聞いたことや実際に使われたことがあるかもしれません。

そもそも「ご相伴」とはどういう意味なのでしょうか?

その意味、使い方、読み方、についてお伝えします。

また茶道でも「ご相伴」という言葉が用いられますが、茶道の場合の「ご相伴」の正しい使い方についても確認したいと思います。

スポンサーリンク

ご相伴とは?その読み方と意味

「相伴」は「ごしょうばん」と読みます。

「相伴」に「ご」がついて「ご相伴」という形になります。

相伴の辞書的な意味

【相伴】とは

1,「連れ立って行くこと。また、その連れの人」

2,饗応の座(お茶会、宴会や接待などの食事の場)に正客(招待された客人の代表人物、主賓)の連れとして同席し、もてなしを受けること。または、人の相手をつとめて一緒に飲み食いをすること。また、その人。
(例)「社長のお相伴で宴席に出る」「今日は私がお相伴させていただきます」

3,他とのつり合いや行きがかりで利益を受けること。また、他の人の行動に付き合うこと。
(例)「お土産のお相伴にあずかった」「友人に相伴して映画を見にいく」

参考:goo辞書

「相伴」の意味をまとめると、他人の行動に付き合うこと、他人の連れとして行った先でもてなしを受けることを謙遜や感謝を表現する言葉となります。

「ご相伴」と「お相伴」どちらが正しいの?

「ご相伴」「お相伴」どちらかが間違っているということはなくどちらも正しい使い方です。

例えば、「御会計」(おかいけい・ごかいけい)
「御返事」(おへんじ・ごへんじ)と同様に
「御相伴」も「おしょうばん」、「ごしょうばん」とどちらも正しい読み方です。

その場で違和感がない方を使われるとよいですが、

「ご相伴」が一般的のようです。

「ご相伴」の使い方

「ご相伴」は、正客の連れとしてもてなされる立場で使われる言葉です。

上司や年配者など、自分よりも目上に対して、

また、自分が中心ではなく、一緒に行く誰に一緒に連れてってもらうような場合に用います。

「ご相伴」の例文

【例文】「ご相伴にあずかります」

上司など目上の方に、宴席に直接誘われたときに使います。

ご馳走になりますという意味で使われます。

「ご相伴にあずからせていただきます」という表現でも用いられます。

ご相伴にあずかるは、「与る」と書きます

ご相伴にあずかるは、「ご相伴に与る」と書きます。

「与る」とは、目上の方から、好意を恩恵などを、受けるという意味です。

ご相伴に「預かる」とは書きません。「預かる」は、一旦引き受けて保管する、という意味だからです。

【例文】「ご相伴させていただきます」

上司や目上の方に、宴席などに同行するよう言われたとき用いる表現です。

私でよろしければ「ご相伴させていただきます」というように用い

同席させていただく、同行させていただくという意味となります。

【例文】「ご相伴ください」

自分がメインの客として、立場が目上の人を連れていく場合、連れて行く相手に対して「ご相伴ください」と使う場合があります。

「ご相伴」の類語

ご相伴の類語には、

  • 随伴
  • 随行
  • お供
  • ご一緒
  • 付き添い

などが挙げられます。

「ご相伴に預かる」の言い換えとして、

  • ご一緒する
  • 同行させて頂く
  • ご馳走になる
  • 接待を受ける

などがあります。

茶道での「ご相伴」は?

相伴は茶道の用語でもあります。

茶道では、正客の連れを「相伴」と呼びます。
座る順番としては、自分よりも左側が上位の客が座り(上座)、
右側は下位の客が座ります(下座)。

薄茶が出されたら、上座にいる人に「ご相伴いたします」「ご相伴します」といい、
下座に座っている人に「お先に」と挨拶します。

おわりに

以上「ご相伴」という意味や使い方、例文についてお伝えしました。

「ご相伴」は主に主賓や目上の人に対して用いる表現ですが、

改めて、意味について知ると日常でも安心して使うことができるかと思います。

 

 

 

ニュース
スポンサーリンク
daily navigation
タイトルとURLをコピーしました