山口真帆の生い立ちが壮絶!学力テスト全国上位で頭がいい!学歴は?家族と不仲って本当?

エンタメ
https://www.instagram.com/p/B7OKcdfnamV/

NGT48のメンバーとして活躍し、2019年は暴行被害事件で知名度が全国区となり、現在は女優として活躍している山口真帆さん。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#スピリッツ #週刊ビッグコミックスピリッツ コンビニや書店でGetしてくれましたか?

山口真帆/Maho Yamaguchi(@yamaguchimaho_official)がシェアした投稿 –

2020年1月には、日テレ新日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』で女優デビューし、今年の活躍が期待されています。

そんな山口真帆さんについて調べてみると、 学力テストで全国上位をとったことがあるほどの才女だったようです。

今回は、山口真帆さんの生い立ち、学歴情報についてお届けします。

スポンサーリンク

山口真帆の生い立ちは?

【生年月日】 1995年9月17日(24歳)2020年1月現在
【出身地】青森県
【身長】161 cm
【血液型】O型
【活動期間】 2015年(19歳〜)

山口真帆の家族構成は?

公式に明らかにはされていませんが、山口真帆さんの家族は、両親、弟(複数)、山口真帆さんという構成のようです。

祖父母とは仲良し

特に祖父とは仲良しというエピソードをラジオで告白しています。

おじいちゃんが家族の中でも一番仲がよく、昔からおじいちゃん子であり、男兄弟の中、自分ひとりが女の子で、母親から冷たくされていた。家族でおじいちゃんしか味方がいないとまで思っていたようです。

NGT参加の際も家族からは反対されていたものの、おじいちゃんが応援してくれた。

そんなおじいちゃんのためにもNGTで一杯稼いで、マッサージチェアをプレゼントしたいということでした。

また、山口真帆さんは祖父母とは仲良しのようです。

山口真帆、家族と不仲説

山口真帆さんは家族と不仲であったことを2016年9月に開催された、生誕祭でコメントしています。

生誕祭の中で、突然の母からの手紙が…

真帆へ

誕生日おめでとう。

慣れた場所で誕生日を迎える真帆が大好きな人に囲まれて笑顔で過ごしてくれればいいなと願っています。

私はずっと後悔していることがあります。

2歳2ヶ月でお姉ちゃんになり、しっかり者に育った真帆。本当はもっと甘えたかったんだよね。

ママは男の兄弟ばかり可愛がっていると言われて、ハッとしたことがありました。手のかからない真帆に私が甘えていたんでしょう。

だけどこれからだって一緒に出かけて、話して笑って過ごす日が続くんだと思っていたから、離れてしまってこんなに後悔するとは思ってもいませんでした。

娘なんだからわかっているはずだという過信から優しい言葉もかけてあげられなかったんじゃないかととっても後悔しています。ごめんね。

自分の力で自らの道を切り開いていく姿を見守るしかない今の状態。いつも心配して願っています。

どうか真帆の笑顔が周りの人に安らぎを与えるものでありますように。

謙虚さと感謝の気持ちを忘れないで、素敵な女性になりますように。自分を大切に、幸せになってほしいと。離れていてもちゃんと見ているから、自分の信じたことをやっていきなさい。私たちはいつでも味方です。

今度帰ってきた時には真帆の頭をずっとなでてあげたいと思っています。幼い頃に甘えられなかった分、そして今まで頑張ってきた分、ずっと、ずーっとね。

誕生日おめでとう。

ママより

(引用:https://akb48.blog.fc2.com/blog-entry-22471.html)

 

この手紙に対して山口真帆さんは、思春期の頃の母親との関係について語っています。

「まさか母から手紙もらえると思ってなかったんで。なんだろう、私あんまり、そんなに家族と仲いい感じじゃなくて(ざわ)

ほんと男兄弟の中で育ってて、だからけっこう1人ぼっちの時とかあったり、母とも凄い、学校行かなくなったりして凄い迷惑かけたり。このアイドルになるのもずっと反対されてて。

ほんとはいい大学行って公務員とかになってほしかったと思うし(客笑) わかってたんですけど、アイドルになって、今もたくさん支えてもらってて。だからなんかもうごめんなさいとありがとうでほんとに溢れてて。

昔も反抗してた時もあったんですけど、もう大人になって思うと、母の言ってることが全部正しかったなって思うし、これからアイドルになってたくさん活動して、精一杯恩返しできるように頑張りたいです。ありがとうございます」拍手

(引用:https://akb48.blog.fc2.com/blog-entry-22471.html)

思春期のころは、不登校や進路についての意見の違いでぶつかりあったようですが、現在はお互いに思いやりの溢れた関係になっているようです。

山口真帆の出身中学校:八戸市立根城中学校

山口真帆さんの出身中学校は、八戸市立根城中学校のようです。

【在籍期間】2008年4月〜2011年3月
〒039-1166 青森県八戸市根城5丁目11−42

山口真帆の出身高校:八戸学院光星高等学校

高校時代は朝日新聞にインタビューされる

2011年8月21日『高校野球朝日新聞Digital』第93回甲子園で、八戸学院光星高校が準優勝した際、山口真帆さんがインタビューされています。

(20日、日大三11―0光星学院) 「よくやった」「勇気づけられた」――。光星学院の地元、八戸市では各地で歓声とため息が相次いだ。

生徒や近くの住民ら約700人が詰めかけた光星学院体育館。点が入らず、館内はじれったそう。

その後、予想外の大差がつき、試合終了。準優勝メダルを下げて場内を一周する選手を見て一年山口真帆さん(15)は「選手はよくがんばりました。お疲れさまと言いたい。あさっては帰校を出迎えます」と話した。

(引用:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547586325/)

八戸学院光星高等学校は進学校

八戸学院光星高等学校の偏差値は、38-46と高いとは言えませんが、
学校の公式ホームページによれば、70%以上の進学率で、
北大、東北大、慶應義塾大学など国公立大学、難関私立大学への合格実績もあり、進学校といえそうです。

〒031-8507 青森県八戸市湊高台6丁目14−5

山口真帆、学力テスト上位ランカーだった!

山口真帆さんは、小学校時代の学力テストで上位ランカーだったということです。

小学校とはいえ、すごいことですよね。

以上、山口真帆さんの生い立ち、学歴情報についてまとめました。

 

エンタメ
スポンサーリンク
daily navigation
タイトルとURLをコピーしました